プリスリーズ賞

2022年 受賞者

特別功労賞

作本正五郎(さくもと しょうごろう)

1929年 東京生まれ
共同通信社会部記者、ビジネスジャパン取締役社長を経て、1967年に株)銀巴里の経営を初代社長の木村氏から引き継ぎ、1990年12月に閉店するまでの23年間、銀巴里を通して日本のシャンソン文化の普及と発展のために貢献された。


最優秀新人賞

宮本陽菜(みやもと ひな)

兵庫県出身。兵庫県立宝塚北高等学校演劇科 卒業。
大阪ダンス&アクターズ専門学校ミュージカルダンサーコース卒業。2018年 専門学校在学中に学校主催の骨髄移植推進キャンペーンミュージカル「明日への扉」主演吉川ゆかり役、松本俊江役を演じる。
2019年ミュージカル座「ひめゆり」出演。
2021年第7回次世代シャンソン歌手発掘コンテスト 優秀新人賞受賞。
第一回国際声楽コンクール東京 予選 優秀賞受賞、本選 奨励賞受賞。
現在XPACE風音舎に所属。
歌•楓八州子氏、ダンス・蔡暁強氏・花岡まりな氏、芝居•中井敬二氏に師事。
contemporary chansonを初め、自分らしい表現方法の探求を続けている。


優秀新人賞(4名)

烏田鈴渚(からすだ れな)

2000年5月3日生まれ。東京都府中市出身。
東京都立総合芸術高校舞台表現科演劇専攻卒業、東京経済大学コミュニケーション学部中退、現在東京藝術大学美術学部先端藝術表現科在学中。
「Una canzone」レギュラーボーカル。シャンソンを高橋良吉氏に師事。

菊地原宏太(きくちはら こうた)

東京都出身。2歳からピアノを習っていたが、クラシカルクロスオーバーに魅了され、高校で声楽に転向。大学でミュージカルと出会い、アカペラやベネズエラ音楽を経験。現在、シャンソンバー「ボンボン」でお世話になりシャンソンを学んでいる。ミュージカル出演作品は、Project R 『ディア・エヴァン・ハンセン~親愛なる僕へ~』(コナー役)、ミュージカル座『ひめゆり』(サチの夫役)、Merry Creation『さよならは大声で』(リケ役)、東のボルゾイ『彼方が原』(彼方役)など。

姫しろパンチ(ひめしろ ぱんち)

東京出身。桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻ストレートプレイコース卒業。
渋谷 サラヴァ東京にてシャンソン歌手ソワレ主催のコンサート出演をきっかけにシャンソン歌手としての活動を始める。東新宿PetitMOAなど、都内ライブハウスに多数出演。
[Discography]
オムニバスアルバム『シャンソワレ chansoiree』- (日本コロムビア) にセニョリ〜タとも夜、アンブレ♡ラヴ魅と共に結成した「ソワシャン三人娘」として参加(19年)
Profile pic (c):Masami Gan Iwafune

平松隆壱(ひらまつ りゅういち)

兵庫県加古川市出身、1995年生まれ。シャンソンを柚木かほる氏に師事。2004年から2007年にかけて加古川市でミュージカル劇団に所属する。2008年には加古川シティオペラ「ジャンニ・スキッキ」に子役として出演。前回(2021年)の「次世代シャンソン歌手発掘コンテスト」において優秀新人賞を受賞。現在は介護士の傍ら、兵庫県西宮市を拠点にシャンソン、ミュージカルのコンサートに出演。

CD通販 日本シャンソン協会ブログ “AVEC “プリスリーズ2022” “日本シャンソンコンクール” プリスリーズ賞