「フェスティバル・ドゥ・シャンソン2011- プリスリーズ 」

4月8日に赤坂ACTシアターにて開催されました「フェスティバル・ドゥ・シャンソン2011- プリスリーズ 」は大成功に終わりました。

震災後、コンサートを開催すべきか、それとも中止にすべきか、主催者として悩んだ時期がありました。
多くの方々のご意見を伺いながら、最終的に実行するという判断をした訳ですが、コンサート当日まで、果たしてその判断が正しかったのか、間違っていたのか結論は出ませんでした。
しかしながら、当日会場にお越しいただきました満員のお客様を一目見たときに、そして、コンサート後の皆様の元気な笑顔を見たときに、今回の判断は間違っていなかったんだと初めて確信が持てました。
終演後に出演者の皆様に呼びかけをしていただいた募金箱には、¥467,070もの義援金が集まりました。
コンサートの収益金の一部と併せて日本赤十字社へ寄付させていただきます。
被災者の方々や、被災地の復興に少しでもお役立ていただく事ができると思うと、こんなに嬉しい事はございません。
今回改めて、歌の持つチカラの素晴らしさを実感する事ができました。
これからも協会として何が出来るのかを考え、皆様と力を合わせて行動して参ります。

シャンソンアクトホール 024ddドキュメント

義援金

4月8日(金)開催の「フェスティバル・ドゥ・シャンソン2011- プリスリーズ」の収益金の一部と、コンサート当日、ロビーに設置する募金箱に集まった義援金は、被災者への支援および被災地の復興にお役立ていただくため、JNN・JRN共同災害募金事務局を通じて、日本赤十字社へ寄付させていただきます。

被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

東北地方太平洋沖地震

この度の東北地方太平洋沖地震により、お亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様、又そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

少しでも皆様のお力になれるよう、当協会としても出来る限りの支援を実施してまいります。

被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

日本シャンソン協会 事務局

アダモさんより

現在「アダモ ジャパン・ツアー2010」のため来日されているアダモさんにお会いしてきました。

2000年には、パリの日本文化会館で行われた芦野宏会長のコンサートにベルギーから駆けつけ「雪が降る」を日本語で歌ってくださるなど、会長との親交も厚いアダモさん。
オーチャードホールでの公演後、日本シャンソン協会へメッセージをいただきました。

img026
『日本シャンソン協会へ
その存在にただ心から感謝いたします。
芦野さん、積極的な先導者になってくださりありがとうございます。
心から共感いたします。 
サルバトーレ アダモ』

現在67歳のアダモさんですが、その歌声と名曲の数々は益々輝きを増しているようでした。
11月には、新しいCDも発売されるそうです。
アダモさんの益々のご活躍をお祈りしています。

事務局 羽鳥

IMG_0500

リーヌ・ルノーさんより

シャンソン歌手のリーヌ・ルノーさんより、新協会へのお祝いのメッセージが届きました!

img014

お祝いメッセージ
お祝いメッセージ

『芦野宏会長の日本シャンソン協会の成功と永続を心からお祈り致します。
同氏は、日本におけるフランスのシャンソン資産の名声を守るために、全人生を掛けて、自己の才能、情熱、精力、感激をささげてきました。
熱烈な友情を込めて。』
リーヌ・ルノー


 

 

若き日のリーヌ・ルノーさんと芦野宏会長
若き日のリーヌ・ルノーさんと芦野宏会長

女優としてもご活躍中のリーヌさんですが、この度30年ぶりに新しいCDを録音されたそうです。
新しい世代の歌手達が書いた未発表曲を歌われたアルバムで、中には、ジョニーアリデイとのデュエット曲も!
11月8日の発売日が、今から楽しみです!!